診療内容

 糖尿病が怖いのは、全身の小さな血管がつまってしまうからです。その結果全身の血流が悪くなり、脳梗塞、心筋梗塞となることもあります。目の血管がつまれば、カメラでいうフイルムに相当する『網膜』に出血をおこします。人間の体の中で唯一、血管が見えるのは目だけですので、糖尿病がある方は、必ず眼科で検査を受けてください。少しの出血では症状はでませんので、症状の有無で眼科を受診するべきかどうかを判断してはいけません。眼底出血から糖尿病が発見されることも少なくありません。
 治療には 1:レーザー治療  2:手術 があります。病状によってはレーザー治療で抑えることもできますが、進行していれば手術が必要になることもあります。
 しおどめ眼科ではレーザー治療ができます。

よくある質問

Q:糖尿病網膜症になると失明するのですか?

A : 糖尿病網膜症になったからといって、すぐに失明するわけではありません。
糖尿病網膜症は、進行によって3段階に分けられます。単純網膜症から増殖前網膜症の段階ではほとんど自覚症状がないため、初期の段階で患者さん自身が眼の異常に気がつくことは困難です。このため、眼科で定期的な検査を受けることが大切です。

糖尿病網膜症の進行段階

糖尿病網膜症の進行段階表

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram