オルソケラトロジー(ナイトレンズ)~手術しない近視の治療~

●オルソケラトロジー(ナイトレンズ)とは

 アメリカで30年以上前から研究され、現在、アメリカ・ヨーロッパ・アジアを中心に世界各国で安全性と効果が認められています。 近視および近視性乱視の方が寝る時に高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装用することで、角膜の形状を変化させ、脱着後の裸眼視力を改善させる方法です。変化した角膜形状は一定期間維持され、その間の裸眼視力は改善されます。 LASIKなどの外科的手術と異なり、レンズの装用を中止すれば、黒目(角膜)の形状は元に戻りますので、安心してお使いいただけます。また、日中装用のコンタクトレンズと比べても夜間の装用なので、ほこりや花粉などが目に入ったりせず、レンズを紛失する心配も減るなど、安全・快適にお使いいただけることができ、リスクは一般のコンタクトレンズと同等です。
 当院のレンズは厚生労働省に認可された、東レ:ブレスオーコレクト® です。

【利点】

1:
日中、裸眼ですごせます。
2:
LASIKなどの手術ではないので、やめればもとの角膜に戻ります。

(お子さんの場合)

3:
近視の進行抑制効果があります。
4:
個人差はありますが、2~3日に1回の装用で十分なこともあります。

【欠点】

1:
健康保険がきかない、自費診療となります。オルソケラトロジー(ナイトレンズ)に関わる診療(合併症なども含めて)は、全て自費診療となります。
2:
ハロ、グレアと言われる、光のまわりに円状の光がみえたり、夜の光が強く感じることがあります。
レンズ装着前

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

レンズをつける

特殊なカーブを持つレンズが、角膜前面の形状を矯正し、光の焦点を網膜上に結びます。

レンズをはずす

レンズを外しても一定時間角膜形成が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

●Q&A

Q1:近視・近視性乱視であれば、誰でもできるのですか?
A:近視や乱視の強さにより、合う・合わないがあります。
適した目かどうかを判断させていただきます
Q2:どのくらいの期間で効果が現れますか?
A:翌日から1週間くらいで徐々に視力が出るようになり、2~3週間で安定するようになります。
始めた当初は夕方~夜にかけて見えにくくなることがありますので、生活に支障をきたすようであれば、通常のハードコンタクトレンズのようにご使用するか、お持ちの眼鏡をお使い下さい。
Q3:合併症はありますか?
A:通常のハードコンタクトレンズと同じような合併症はあります。
例:角膜の傷、感染症
医師の指示を守りましょう。
Q4:対象年齢はいつからですか?
A:
  • ●小学校中学年以上の方です。若い方ほど、角膜が柔軟なため効果が出やすいです。
  • ●日本コンタクトレンズ学会のガイドラインは20歳以上としていますが、国内・海外でのオルソケラトロジー(ナイトレンズ)は主に小学生から高校生が使用しています。現在7歳以上の方に治験をして、ガイドラインの変更を検討しています。
  • ●老眼は改善しませんので、老眼が出てくる年代の方は、老眼鏡が必要になります。
Q5:どれくらいの頻度でレンズ交換は必要ですか?
A:通常のハードコンタクトレンズと同様に約2年で交換をおすすめ いたします。
近視の進行抑制がありますが、多少の進行を認める方もいます。
見えにくくなってきましたら、度数交換をします。
Q6:レンズには保証はありますか?
A:
●度数交換は6ヶ月以内に1回のみ無料です。
●破損交換は12ヶ月以内に1回のみ無料です。(1/4以上の破損レンズをご持参頂きます。)
Q7:レンズケースの交換は必要ですか?
A:3ヶ月ごとに新しいケースに交換します。定期検査の際は、レンズケースをお持ちください。
*通常のハードコンタクトレンズのケースは合いませんので、指定のケースをお使いください。
Q8:医療費控除の対象になりますか?
A:対象になります。
通常のコンタクトレンズ・眼鏡は対象になりません。
Q9:運転免許証はどうなりますか?
A:通常のコンタクトレンズと同様、『眼鏡等』の条件が付されます。

●治療の流れ

1:
問診し説明させて頂きます。
2:
ハードコンタクトレンズ使用の方は2週間、ソフトコンタクトレンズ使用の方は
1週間、レンズを外していただき、適応検査をします。
パンフレットを持ち帰り、検討して頂きます。
3:
フィッティングチェックをし、当院のレンズを貸出いたしますので、自宅でお試ししていただきます。
※メーカー推奨外のレンズの場合は、レンズの貸出ができませんので、お試しいただくことができず、
メーカー発注となります。推奨外レンズは通常のレンズに比べ、視力が出にくかったり、
不安定になることがございます。
※レンズが決定するまでは翌週、その後は2~3週間後に来院していただきます。
4:
お試し後、継続希望であれば、レンズ購入となります。
5:
レンズ購入後は3ヶ月おきの定期検査になります。

●費用

オルソケラトロジー当日トライのみで止める場合:4千円(両眼、片眼)

↓

両眼=10万円(片眼=7万円)

自宅で1週間お試しいただいてから治療開始をおすすめいたします。

お試し期間は当院のレンズを貸出いたします。
お試し期間の費用は両眼:5万円(片眼:3万円)(ケア用品を含みます)です。
お試しでやめられる場合は、レンズをご返却して頂き、両眼:4万円(片眼:2万円)を お返しいたします。
※貸出したレンズの破損、紛失をされた場合はご返金できませんので、丁寧にお使いください。

その後継続をご希望であれば、レンズをメーカーに発注させて頂き、
追加の費用は 両眼:5万円(片眼:4万円)です。
※貸出したレンズはご返却して頂きます。もし破損、紛失をされた場合は、
上記とは別途に両眼:4万円(片眼:2万円)ご請求させていただきますので、丁寧にお使いください。)

※メーカー推奨外レンズが必要な場合は、当院のレンズの貸出ができません。そのためお試し頂くことができずに(試したあとはキャンセルできません)、レンズ購入となります。

↓

治療開始後、定期的に診察に来ていただきます。上記とは別途、毎回診察代:4千円がかかります。
●1週後、1・3・6・9・12か月後:各4千円
●翌年以降 3か月ごと:各4千円

ケア用品や点眼は、初回分は無料ですが、その後から費用がかかります。
●保存液 1本:800 円(1ヶ月分)
●クリーナー 1本:980円
●ヒアルロン酸点眼 1本:200円
●ラクリミン点眼 1本:150円
●保証期間を過ぎたり、紛失した場合 : レンズ1枚=4万円

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram