強度近視による脈絡膜新生血管

 近視が強いとフイルムの役目をする網膜が引き伸ばされ、網膜の中心部である黄斑(おうはん)に脈絡膜新生血管が出現し、視力を落とす病気です。見たいものが歪んで見えたり、黒く見えなかったりします。蛍光眼底造影検査や網膜断層検査(OCT)により、病態、病状の進行を把握します。

治療には、硝子体注射があります。
しおどめ眼科では硝子体注射ができます。

硝子体注射
脈絡膜新生血管の成長を抑える薬を
白目に注射します。
検査内容
OCT
【OCT】
網膜の疾患や緑内障診断の最新の機器です。
正常な目と強度近視による脈絡膜新生血管
眼底検査と蛍光眼底造影検査

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram