診療内容

外来のご案内

目の構造 こども外来 コンタクトレンズ

目の病気について

緑内障ドライアイ
40歳以上の人口のうち緑内障は5.0%、20人に1人と予想以上に多いことが分かりました。できるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。眼が疲れやすい、眼が重い、眼が痛い、乾いた感じがする、眼がゴロゴロする、
・・・その症状はドライアイかもしれません。
飛蚊症糖尿病
飛蚊症をご存知ですか?
飛蚊症のほとんどは病気でない物ですが、ときに思いがけない病気が原因となっていることがあります。
糖尿病の患者さんに起こる眼の合併症。進行すると失明することがあります。自覚症状がなくても、糖尿病の方は検査を受けましょう。
加齢黄斑変性 網膜静脈閉塞
高齢者人口の増加に伴い、日本でも患者数が増加しています。患者数は男性の方が多く、年齢が高くなるにつれて増加し、両目に発症する割合も高くなっていきます。フイルムの役目をする網膜の静脈がつまってしまい、網膜の中心部である黄斑(おうはん)がむくんだり(浮腫)、網膜出血を起こす病気です。視力低下や見たいものが歪んで見えたり、視野障害を生じます。
強度近視 涙が多い(流涙症)
近視が強いとフイルムの役目をする網膜が引き伸ばされ、網膜の中心部である黄斑(おうはん)に脈絡膜新生血管が出現し、視力を落とす病気です。 眼が疲れやすい、眼が重い、眼が痛い、乾いた感じがする、眼がゴロゴロする、・・・その症状はドライアイかもしれません。
眼瞼痙攣・顔面痙攣 その他の目の病気
症状はまぶしい、目をつぶっていた方が楽、目が乾く、しょぼしょぼする、顔の片側がぴくぴくするなど多様です。ボトックス注射で治療します。 ●眼瞼内反症(睫毛内反症)
●眼瞼下垂症
●麦粒腫(ばくりゅうしゅ:通称ものもらい、めばちこ)
●霰粒腫(さんりゅうしゅ)

治療・検査のご案内

アレルギー検査 イムノキャップラピッド
ラティース:睫毛育毛剤

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram