グラッシュビスタ®

●グラッシュビスタ®とは

まつ毛クリニック

厚生労働省が認可した、医療用まつ毛育毛剤です。
ただし、発毛可能な毛包が存在しない場合には本来の効果が
得られないことがあります。

専用ブラシ140本添付

●グラッシュビスタ®の効果は?

<効果が認められた代表例>

4ヶ月で効果が最大となりますので4ヶ月間は継続することをおすすめいたします。
※この薬は、仕様を中止すると、この薬の使用前の状態に戻ります。

●グラッシュビスタ®の使用方法

STEP1画像

STEP1

ご使用前に

グラッシュビスタ®は、夜、メイクを落とし洗顔を済ませ清潔な状態にしてから使用します。
コンタクトレンズは外してください。再装着は、本剤塗布15分以上経過後に行ってください。
下まぶたに塗布したり、直接眼に点眼しないでください。

STEP2画像

STEP2

ブラシの準備

ブラシを容器から取り出します。(必ず専用のブラシをお使いください)。
ブラシを水平に持ち、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタ®を1滴落とし、染み込ませます。

STEP3画像

STEP3

まつ毛の生え際へブラシで塗る

滴下後すぐに、ブラシを使って、上まつ毛の生え際部分を、目頭から目尻の方向へ丁寧に塗ります。
下まつ毛には塗らないでください。
塗る時には、液が目の中に入らないように、下まぶたにつかないように気をつけてください。
※塗布回数を増やしてもまつ毛の成長は促進されないどころか、副作用が強く出ますので、1日1回を超えて塗布しないでください。

STEP4画像

STEP4

生え際以外について液をふき取る

液が上まつ毛の生え際以外について場合は、コットンかティッシュなどですぐに薬液をふき取るか洗い流してください。

STEP5画像

STEP5

ブラシを捨てる

片方のまつ毛を塗り終えたら、その都度使用したブラシは捨てて、再使用しないでください。

片方を塗り終えたら、新しいブラシを容器から取り出し、
もう片方の上まつ毛にも、先ほどと同じようにグラッシュビスタ®を塗ります。

●グラッシュビスタ®の使用中に気を付けなければならないことは?

  • この薬を使用している時に妊娠または妊娠した可能性のある方、搾乳中の方は使用を避けてください。小児(15歳未満)に対する安全性は確立されていないので、なるべく使用を避けてください。
  • まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛みなどの症状があらわれることがあります。このような自覚症状が持続する場合にはただちに受診してください。
副作用 主な自覚症状
こうさいしきそかじょう
虹彩色素過剰
黒目(虹彩)の色が濃くなる
<この副作用は日本人を対象とした臨床試験では報告されていない>
使用前 使用後・発症例
がんけんこうしんか
眼瞼溝深化
まぶたがくぼむ
<この副作用は日本人を対象とした臨床試験では報告されていない>
使用前 使用後・発症例

塗布したときに液が、上まつ毛の生え際以外についた場合、メラニンの増加によりまぶたが黒ずんだりすることがあります。ティッシュなど吸収性の素材ですぐにふき取るか、洗い流してください。

使用前 使用後・発症例

●グラッシュビスタ®の保管方法は?

  • ・直射日光を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
  • ・子供の手の届かないところに保管してください。

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram