グボトックスビスタ®

●グボトックスビスタ®とは

しわのできる場所はいろいろありますが、顔のしわは特に気になるものではないでしょうか。
ボトックスビスタ®注用50単位(以下、ボトックスビスタ®)によるA型ボツリヌス治療は、手術を行わずに、眉間や目じりの表情じわを目立たなくする治療法です。

●しわはなぜできるのでしょうか

表情の変化に合わせて筋肉を動かすことなどが原因でできます。
このようなしわを「表情じわ」といい、眉をひそめたとき眉間にできるしわなどがこれにあたります。

表情じわの例

  • 表情筋が緊張している状態

    表情筋が緊張している状態

  • 表情筋がリラックスしている状態

    表情筋がリラックスしている状態

皮膚にハリがあれば、表情じわは一時的にできるだけですが、年齢を重ねるにつれ皮膚が劣化すると、しわがそのまま残るようになります。これは、肌の主な構造たんぱく質であるコラーゲン、肌の弾力を保つエラスチン、肌にボリュームを与えるヒアルロン酸といった、皮膚を構成する成分が年齢と共に減少することと関係があります。
また、年齢に加え、日光、喫煙といった環境の要因によっても、しわができやすくなることが知られており、精神的ストレスもしわの原因になるといわれています。

このようなしわに対して医師の行う治療法として、
・注射による注射(A型ボツリヌス治療など)
・外用薬による治療
・外科手術による治療など
があります。

当院では注射による治療を行っています。

●A型ボツリヌス治療とは?

天然のたんぱく質を精製した薬で、しわの原因となる筋肉の緊張を和らげ、眉間のしわを目立たなくする治療法です。

ボトックスビスタ®はこの治療薬のひとつで、国内で唯一厚生労働省に承認されています。ボトックスビスタ®は厳しい管理の下、無菌状態で製造・保管されます。また、治療については専門的な技術が必要なことから、認定を受けた医師のみに行うことが許されています。

●ボトックスビスタにはどのような効果があるのでしょうか?

表情じわの原因となる特定の筋肉の緊張を和らげる効果があります。

筋肉をリラックスさせることで、眉をひそめるなどの表情が目立たなくなり、しわも次第に目立たなくなっていきます。

●メリットは?

手術を行う必要がなく、治療にかかる時間は平均10分前後です。また、治療後のダウンタイム(※1)がほとんどないため、すぐに通常の生活に戻ることができます。

眉間にしわがあると、疲れて見えたり、気難しい顔をしているという印象を与えてしまうことがありますが、ボトックスビスタ®による治療はこれを解消することを目的としています。ただし、効果のあらわれ方に関しては、個人差がありますので、まずは医師にご相談ください。

※1 ダウンタイム:施術してから、回復して元の生活を取り戻せるまでの期間。

●医師に伝えておくべきことはありますか?

筋肉や神経に影響を与える病気(筋萎縮性側索硬化症[ALS]、重症筋無力症、ランバード・イートン症候群など)にかかっている方や、妊娠中または妊娠している可能性がある方、授乳中の方は医師にお申し出ください。また、処方薬に限らず、一般薬、ビタミン剤、漢方薬など、普段服用している薬は全て医師にお伝えください。

●どれくらい前から使用されていますか?

米国ではFDA(※2)の承認により、2002年からボトックスビスタ®によるしわの治療が行われています。また、日本では2009年に厚生労働省による承認が得られ、使用されています。

※2 FDA:米国食品医薬品局

●表情に大きな変化などは起きませんか?

適切な量を適切な部位に注射すれば、外見が急激に変化したり、不自然な表情に見えたりすることはありません。

●ボトックスビスタ®による治療とは、具体的にどのようなことを行うのですか?

とても細い針を用いて、顔の特定の筋肉に少量(※3)のボトックスビスタ®を注射します。

痛みや不快感が生じることがありますが、通常はそれほど強い痛みではなく、麻酔は必要ありません。
当院においては、ボトックスビスタ®治療の講習を受けた、十分な知識・経験のある医師が治療を行っています。

※3 治療に適したボトックスビスタ®の量は、しわの程度などによって一人ひとり異なります。顔のどの部分にどれくらいの量を使用する必要があるかは、医師が判断します。

●効果はどれくらい持続しますか?

効果は通常3~4ヵ月持続し、徐々に元の状態に戻ります。

●しわが増えることはありますか?

新たにしわが増えることはありません。

効果がなくなると、筋肉は徐々に治療前の状態に戻ります。

●効果はいつからあらわれますか?

一般に、治療後48時間以内には効果があらわれてきます。そして2週間後には最大限の効果に達します。

●治療後に化粧品を使用したり、他の治療を組み合わせても大丈夫でしょうか?

ほとんどの場合は問題ありません。

ご心配な方は、医師にご相談ください。

●痛みはありますか?

注射の痛みはありますが、通常はすぐにおさまります。

また、注射前に注射する部位を冷やしておくと、注射後の痛みが和らぐことがあります。

●副作用はありますか?

どのような医薬品にも副作用はあります。

ボトックスビスタ®では、頭痛、まぶたが下がる(眼瞼下垂:がんけんかすい)、注射部位の局所的な痛み、顔の痛み・赤み、筋肉の部分的な脱力、注射部位周辺の腫れ・あざ、皮膚のつっぱり、無感覚、チクチクする感じ、吐き気などが報告されています。

●費用はどれくらいかかりますか?

一部位につき25,000円(診療代・税込)同時に他の部位に注射する場合は45,000円です。

初診予約受付

内科外来のご案内(内科・膠原病・リウマチ・痛風外来)

  • 眼の構造
  • 小児外来
  • 近視の進行抑制
  • オルソケラトロジーナイトレンズ(手術しない近視治療)
  • MCレンズ(近視を抑制するメガネ)
  • 緑内障
  • ドライアイ
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 糖尿病網膜症
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜静脈閉塞症
  • 強度近視による脈絡膜新生血管
  • 涙が多い(流涙症)
  • 眼瞼痙攣・顔面痙攣
  • その他の目の病気
  • シダトレン免疫舌下療法
  • グラッシュビスタ
  • しわ取りボトックス注射 ボトックスビスタ®

かきのき眼科

しおどめ眼科

  • facebook
  • twitter
  • instagram